話題のアレ・国内・海外から届いた事件・エンターテインメント・スポーツ・サイエンス・テクノロジーなどホットで話題のニュースを鋭い視点で紹介します

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東国原英夫(そのまんま東)知事が元お笑い芸人だからツッコむのか?


あらかじめ断っておくと、立候補した時点でワタクシは、
東国原英夫(そのまんま東)宮崎県知事を支持しておりました。
人間、酸いも甘いも知っていた方が深みが増すでしょうし、
苦しみや痛みを知ってこそ他人に優しくなれると思います。

その意味で、宮崎県民とともに宮崎を良くしていこうという姿勢に共感できるではないですか。
しかしマスコミはいつもアラ探しをしているのでしょうね。
そんな記事ですよ、これ。


ココから


 宮崎県議会で26日あった一般質問で、東国原(ひがしこくばる)英夫(そのまんま東)知事が現在暮らしている賃貸マンションに「連夜2人の女性が泊まった」と一部週刊誌が報じたことが追及された。知事は「支援者、友人知人、いろいろな人が出入りしている」となどと答えてかわしたが、その後報道陣に事実関係を認めた。また、知事は議会で、知事公舎には居住しない意向を表明した。

 

 女性問題は、社民党の満行潤一県議の質問に答えた。週刊誌によると、日本テレビの女性社員ら2人が泊ったという。知事は「そういう(記事の)スペースがあるなら、宮崎のPRをもっとしてほしい」とかわした。満行県議は「宮崎の品格が問われる記事が出ないように努力していただきたい」とクギを刺した。

 

 知事は議会後、報道陣に「2人とも知り合い。入っていたのは事実のようです」と宿泊を認め「『不適切ではないか』と言われれば視点の違いとしか言えない」と述べた。

 

 日本テレビは「東国原知事の動向を伝えるため担当記者が熱心に取材をしたが、軽率のそしりを免れない部分もあった」とコメントした。

続きを読む

紙オムツ評論家・立花隆の儀


立花隆というのは確かに博学で雄弁と思うけど、
品格という点においては、筑紫哲也と変わらない程度の下劣さを感じるなぁ。
要は体制批判することで、自らのロジックの正当性を主張しているとしか思えないんですヨ。
今回、ここに紹介する記事はその最たるものかもしれません。


ココから

  評論家の立花隆さんがコラムで「安倍首相は失禁で紙オムツを常用」「老人性のシワでいっぱい」「安倍一族は40代50代で死んでいる」などと書いている。これに対し、首相の事務所は「失礼だ」と激怒。一方、「2ちゃんねる」では「祭り」が始まっている。

   このコラムは、「日経BPネット」に「政権の命取りになるか 安倍首相の健康問題」のタイトルで2007年2月21日付で書いたもの。コラムから抜粋すると、こんな具合だ。

「安倍首相の腸は最近悪化する一方という。一説によると(週刊現代など)、安倍首相は紙オムツを常用せざるをえない状態(括約筋の機能低下で失禁のおさえがきかない状態)にまで追いこまれているらしい」
「安倍首相の首のつけ根のあたりをよくウォッチすると、そこが老人の首といわれても仕方がないような妙な老人性のシワでいっぱいになっているのを発見するだろう」
「安倍一族は短命の家系である。一族の墓誌を丹念に調べた人の報告によると、40代50代で死んでいる人が沢山おり、男子の平均寿命は40歳代だという」
「国民にとっていちばんの問題は、安倍首相の異常な"老化現象"が、顔面の皮膚にとどまらず、精神面にまでおよんでいるのではないかと心配されることだ」
続きを読む

黒川紀章はボケが入ったのか!?


黒川紀章と言えば、丹下健三門下生の一人で、知らない人はいない著名な建築家です。
また古くは女優の若尾文子を口説き落としたことでも有名になったものですが、
それを知っている人は中年以上実年未満というところしょうか(笑)

それはいいのですが、黒川紀章の今回の東京都知事立候補が何のためにするのか、
その意図が理解できない人は多いと思います。
そしてさらに理解不能になりそうな記事が出ていたので、紹介しておきます。

ココから

 建築家の黒川紀章氏(72)が22日、東京都庁内で会見し、「貧乏人でも住める東京へ」と4月の都知事選に出馬する理由を説明した。しかし、40人弱しか埋まらなかった記者席の反応は「なぜ出るのか分からない」「本気なの?」といまひとつ。それもそのはずで、出馬会見なのに「ボクは政治家にはならない」といった具合にトンデモ発言、ピンボケ話の連発だった。

 例えば、対立候補の石原慎太郎都知事の印象についてはこうだ。

「まだ障子を破るくらい元気だね、エヘヘ。ただ、愛がないと硬さで突き破れないんだよ」「彼とは40年来の親友でね、やはり泥まみれになるのを見ていられない。今が引き際。だから花道をつくってあげたい」

 黒川氏は高額納税者番付の常連でもある。それだけに浮世離れした発言も目立った。

「25年も東京湾の汚染を研究し、そのためにボート(クルーザー)を買った」「明日からボク、徳島に船で釣りに行くから連絡つかないな」「投票日の4月8日って偶然、ボクの誕生日なんだ。まあ、その日はパリにいるから、開票速報は見られないけど」「東京へ仕事で来る近県の人も、無効投票にはなるけど、投票してくださいね」

 まだ続く。 

続きを読む
Copyright © 号外!ニュース!瓦版! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。