「発掘!あるある大事典2」の問題はまだつづく・・・・国内・海外から届いた事件・エンターテインメント・スポーツ・サイエンス・テクノロジーなどホットで話題のニュースを鋭い視点で紹介します

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「発掘!あるある大事典2」の問題はまだつづく・・・


「発掘!あるある大事典2」の検証番組があったとは全然sりませんでしたねぇ、
見ていないから何とも言いようがないのですが、でもこの記事だけ読んでもおかしいと思います。


 「発掘!あるある大事典2」のデータ捏造(ねつぞう)問題で、3日夜、関西テレビがフジテレビ系の全国ネットで放送した検証番組「私たちは何を間違えたのか 検証・発掘!あるある大事典」について、4日午前零時までに、フジテレビに視聴者から240件、関西テレビに105件の苦情電話が寄せられたことがわかった。

 その大半が「なぜ、出演した制作スタッフの顔を隠すのか、音声まで変える必要があるのか」など、検証番組の制作手法を批判する内容。関西テレビには同様の電子メールも400件寄せられた。

 また、ビデオリサーチの調べで、番組の平均視聴率は関東地区で5・1%、関西地区では6%だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070404-00000403-yom-ent


出演したスタッフの顔を隠して、音声を変えたら、本当に反省しているのかと思いますね。
性懲りもないというのかNHKの検証番組の方がマシだったのでしょうか。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。