加護亜依が脱いで復帰!?・国内・海外から届いた事件・エンターテインメント・スポーツ・サイエンス・テクノロジーなどホットで話題のニュースを鋭い視点で紹介します

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加護亜依が脱いで復帰!?


加護亜依のオトコつき温泉旅行アンド喫煙騒動はまだ尾を引いているようですが、
何だか復帰する道筋のようなものを示唆する記事を発見しました。
それにしても芸能界というところはいろんな意味で回転が速いですね。


 あまりにも素早い事務所の対応には、普段口うるさい芸能事情通も言葉を失った。スキャンダル発覚の翌日、加護亜依(19)が所属する事務所「アップフロントエージェンシー」が発表した処分は「契約解除」、事実上の“芸能界追放”である。それほど、加護がしでかしたスキャンダルは致命的だった。今月18日、オトコと群馬の草津温泉へ1泊旅行に出かけた。その車中でたばこをふかしていたと、26日発売の「週刊現代」で報じられたのだ。

 さらに深刻なのは、謹慎中の身だったこと。06年2月、写真週刊誌「フライデー」で、深夜、レストランカフェで喫煙しているところを撮られ、奈良県の実家で謹慎させられていたのだ。この1月再上京し、所属事務所でお茶くみなどをしながら、復帰の道を探っているところだった。

「2月には、最初のスキャンダルを撮られた『フライデー』で、反省の弁を語っていた。なのに、またも同じ喫煙スキャンダル。これでは、謹慎前とちっとも変わっていない、と思われても仕方がない」(芸能ライター)

 加護のオトコというのは、渋谷の人気カフェ「SOMA」のオーナー・石本靖幸氏。「週刊現代」の取材に、“37歳で婚約者がいる身”と答えている。なんと、加護より18歳年上。実の父より年上なのだ。

 加護の家庭は複雑。1988年2月7日生まれだが、生まれたとき、両親はまだ17歳。入籍できない状況だった。しかも加護が1歳の頃に別れ、加護は母親に引き取られて育った。

 心配されるのは、加護の今後。これから、いったいどうするのか。

「ただ、今回のスキャンダルを起こさなくても、これまでと同じような純なイメージで復帰していたら、華々しい活躍は難しかったでしょう。モーニング娘。のほかの元メンバーや、加護とユニット“W(ダブルユー)”を組んでいた辻希美の活動もパッとしませんからね」(芸能ライター=前出)

 このまま結婚・引退の道も考えられるが、石本氏に婚約者がいるのなら、すぐにはかなわない。

 また、デビューの経緯を考えると、そう簡単に芸能界をあきらめるとも思えない。

 加護の母親は後にトラック運転手と再婚し、加護とは10歳以上年の離れたきょうだいを3人もうけた。新しい父親は加護をかわいがったが、彼女は最初の弟ができるとすぐ芸能界入りし、実家を離れた。わずか12歳で、自力で芸能界に居場所をつくった根性娘なのだ。

「謹慎期間中も応援し続けたファンがいたほど、加護の人気は根強い。今回のスキャンダルのほとぼりが冷めた頃、これまでとは違う路線で復活する道はあるでしょう。ずばり、脱ぐ仕事ですね」(雑誌記者)

 謹慎中、やせて大人っぽく成長していた。大人の魅力を見てみたいと思うファンも、少なくないだろう。

(引用:ライブドアニュース


それにしても結局最後は脱ぐしか売るものがないのでしょうね。
まぁ一時はそれでいいのかもしれませんが、打上花火のようなものでしかありません。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。