和泉元彌が金欠から脱出する方法はコレだ!・国内・海外から届いた事件・エンターテインメント・スポーツ・サイエンス・テクノロジーなどホットで話題のニュースを鋭い視点で紹介します

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和泉元彌が金欠から脱出する方法はコレだ!


和泉元彌にさらなる金銭トラブルと言うのか、未納の問題がまたまた持ち上がりました。
しかも和泉元彌の本業とも言うべき狂言の会場使用料、
18万円ほどのお金が支払われていないのだから、
和泉元彌の金欠はかなり深刻化しているのかもしれませんね。


 自宅差し押さえなど金銭トラブルが続発している狂言師の和泉元彌(32)に、新たな金銭トラブルが勃発していることが23日、分かった。

 和泉は今月31日、沖縄・石垣市民会館で「石垣島狂言の会」を開催する予定だが、会場使用料の17万9300円を未だに払っていないという。

 同会場は1006人を収容、前売り券は2500円で販売中だが、発売窓口と発表されている和泉名義の電話番号は「お客さまのご都合で通話ができなくなっております」とこちらも“差し押さえ”の状態だ。

 会場側に和泉側からの連絡はなく、同市民会館はサンケイスポーツの取材に「(直近になっても)入金されないケースは過去になく、こちらでもどう対処していいのか分からない。当日朝まで入金を待つことにしましたが、このままでは中止せざるを得ない」と困惑し切っている。

 一方、和泉と母の節子さん(64)らファミリー一行は23日、NHK時代劇「柳生十兵衛 七番勝負」出演のための乗馬練習をしに茨城県内に滞在。TBS系「2時っチャオ!」(後2・0)の直撃取材に節子さんは「後ほどきっちりと弁護士付きでお話します。やらなきゃいけない仕事がありますし、石垣にもちゃんと仕事やりに行きます。(自宅が)差し押さえで住めなくなっている、ということもありません」などと話した。

 最近、和泉には数々の未納トラブルが続発=別表。そして今回、“本業”とされる狂言の会場使用料でも未納騒ぎを起こしてしまった。元彌ファミリーは、深刻な金欠状態に追い込まれているようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070324-00000009-sanspo-ent


和泉元彌はもう和泉宗家を名乗ることができないのだから、
マジでプロレスラーに完全に転向した方がいいのではないのでしょうか。
能楽協会をはすでに脱会しているので、新日本プロレス協会に移籍するのは問題はないはず。
ぜひ一度、曙との対戦が見てみたいというのは今後の話としても、
和泉元彌が金欠から脱出する方法は、やはりプロレスラーに転向するしかないでしょう(爆)

スポンサーサイト
Copyright © 号外!ニュース!瓦版! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。