750人が全裸!衝撃のラブシーンはどうやって撮ったのか!?・国内・海外から届いた事件・エンターテインメント・スポーツ・サイエンス・テクノロジーなどホットで話題のニュースを鋭い視点で紹介します

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

750人が全裸!衝撃のラブシーンはどうやって撮ったのか!?


ド迫力のラストシーンが話題で全国大ヒット公開中の『パフューム ある人殺しの物語』。
そのラストシーンをめぐっては色々と論議があるようですが、どうやらあれは・・・

 全裸750人のラブシーンが話題の映画『パフューム ある人殺しの物語』。750人もの男女が一糸まとわぬ姿でもつれ合う姿が話題になり、一部ではCG合成なのでは? との声もあったが、やはり本物の男女だということが判明する映像が公開された。

 それは、この750人のラブシーンのメーキング。(映画撮影の舞台裏映像)オフィシャルサイトでその動画が公開されている。そのあまりに奇妙な映像は、YouTubeなどでもとりあげられ、ネットは話題騒然。

 メーキング映像には、全裸ラブシーンをスムーズに撮影するために750人のエキストラたちが、お互い裸でいることに慣れる練習をする風景など、仰天シーンの映像が含まれており、史上最大規模のラブシーンの裏舞台は、いままでに見たこともない奇妙な空間になっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070320-00000006-flix-movi


全裸のシーンはほんの一瞬ですが、あまりの人数の多さにやはりドキッとしましたが、
エロティックな感じはまったくなく、上記のように奇妙という言葉がピッタリです。
このシーンばかりが話題となっていますが、内容がとても素晴らしい映画です。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。