宇多田ヒカル離婚の真相を語る「救われなかった」って何?・国内・海外から届いた事件・エンターテインメント・スポーツ・サイエンス・テクノロジーなどホットで話題のニュースを鋭い視点で紹介します

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇多田ヒカル離婚の真相を語る「救われなかった」って何?


宇多田ヒカルと紀里谷和明の離婚は、まさか!?と思った人は少ないようで、
むしろ、あぁやっぱりと、妙な納得をしてしまう感じで受け止められているようですが、
宇多田ヒカルはどうやら離婚する前に、音楽誌で離婚について話していたようですね。


 今月2日に映像作家の紀里谷和明氏(38)と離婚した歌手の宇多田ヒカル(24)が15日発売の音楽誌「MUSICA」で離婚の真相を初告白している。
 超ロングインタビューの後半に、雑誌発売の前に離婚の発表を予告した内容で、離婚を決断した理由について「まあいろいろあるけど(中略)『私はこれでいいんだ』って思っちゃったのが原因かもしれないです」と自己分析。「紀里谷くんが今まで一番私を知ろうとした人なんですよ。凄く考えてくれた人で」と明かし、「(彼は)孤独みたいな私の像を救おうとしてくれた。でも結局、私は救われようとしなかったのかな…。私は自己解決しちゃった部分が大きいんですよ」と説明した。

 さらに母・藤圭子(55)について「凄い距離が遠くて絶対に触れ合えない、みたいな人。(母と)直接関わったって気分はまったくしないんですよ」とファミリーの中で突出した存在だったことを告白。父でプロデューサーの宇多田照實氏(58)についても「この1年くらいで仲良くなれた」。両親が6度も結婚と離婚を繰り返すなど複雑な家庭環境で育った孤独や生い立ち、真実の宇多田ヒカルを垣間見せるインタビューとなっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070314-00000028-dal-ent


何かの本で読んだことがありますが、「私はこれでいいんだ」となったら話はそれで終わりだそうです。
確かに開き直りに近いその言葉には、
「他人から何を言われようとも」というのが省略されているだけのような気がします。
それにしても「救われようとしない」宇多田ヒカルの離婚の真相って意味不明です・・・。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。