宇多田ヒカルが離婚後初めて公の場に登場!・国内・海外から届いた事件・エンターテインメント・スポーツ・サイエンス・テクノロジーなどホットで話題のニュースを鋭い視点で紹介します

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇多田ヒカルが離婚後初めて公の場に登場!


宇多田ヒカルが離婚後初めてチャリティー企画「ぼくはくまオリジナルTシャツコンテスト」という、
公の場に審査委員長として登場をしたのですが、離婚のショックを感じさせなかったようです。
宇多田ヒカルもまだ23歳という若さ、これからいくらでもやり直しが効きますからね。


 シンガー・ソングライター、宇多田ヒカル(23)が13日、都内で行われたチャリティー企画「ぼくはくまオリジナルTシャツコンテスト」に審査委員長として登場した。3月2日に映像作家、桐里谷和明氏(39)と電撃離婚後、初めての公の場だったが、宇多田は子供たちに囲まれ終始笑顔。離婚ショックは感じさせず、完全に吹っ切れたようだった。

 「ペンで塗るのって難しかったと思うのに、技あり、発想ありに感心しちゃいました」

 ヒッキーが、子供たちのほのぼのとしたかわいいイラスト画に心癒やされ、笑顔が弾けた。

 このイベントは、昨年NHK「みんなのうた」に起用され、シングル発売された宇多田の童謡曲「ぼくはくま」がテーマ。発売当時、CDに封入された熊の絵本を宇多田が自ら描き話題となったが、この熊のイラストをTシャツにプリントし、子供たちからマジックペンで塗り絵してもらうコンテストを募集。500通を超える作品から、宇多田が審査委員長となって、この日グランプリを選出した。

 ミニのワンピースにサンダルを履き、脚線美を見せつけ登場。これまでふっくらとしたイメージが強かったが、少しスリムになったようにも見えた。審査員席に座った際にはメガネをかけ、子供たちのカラフルで発想豊かなイラスト画に見入っていた。

 宇多田は「こんな素晴らしいことができて、とてもうれしい。どれも甲乙つけがたかった」と感心し、「久しぶりにたくさんの人がいる前に出てきたので緊張しましたが、かわいいみんなも緊張していたので、楽になりました」と上機嫌。写真撮影では囲まれた子供たちから次々と話しかけられ、笑顔でこたえた。

 紀里谷氏と離婚して以来、自宅やスタジオにこもって創作活動に専念。現在新曲のレコーディングの真っ最中で、スタジオを飛び出し子供たちとふれあったことで、元気をもらった様子だった。

 同イベントは、子供服ブランド「POM  PONETTE」のナルミヤ・インターナショナルと宇多田の所属レコード会社、東芝EMIが共同企画。限定発売された宇多田デザインの熊のTシャツ3000枚の売り上げと、宇多田の寄付金を合わせた500万円が、NPO法人「世界の子供にワクチンを 日本委員会」に寄付された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070514-00000000-sanspo-ent


宇多田ヒカルもこの企画への出演をきっかけに、これからメディアに登場するのでしょう。
まぁいつまでも離婚したからといって、ヒッキーになってしまってはシャレになりません。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。