映画・国内・海外から届いた事件・エンターテインメント・スポーツ・サイエンス・テクノロジーなどホットで話題のニュースを鋭い視点で紹介します

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西田敏行が「健康体力が続く限り浜崎伝助を演じる」と宣言


映画「釣りバカ日誌」は第1作目を公開してから20年も経っていたのですね。
映画「釣りバカ日誌」をすべて観たわけではありませんが、
西田敏行と三國連太郎とのトボけたやり取りが可笑しくて、原作とはまた違った面白さが楽しい映画です。
その西田敏行が生涯ハマちゃんを演じると宣言したようです。


 映画「釣りバカ日誌 18」(9月8日公開)の岡山ロケがこのほどマスコミに公開され、主演の浜崎伝助役・西田敏行(59)が“生涯ハマちゃん”を宣言した。今作は88年12月のシリーズ開始から20年&20作の節目にあたり、26年続いた松竹の看板シリーズ「男はつらいよ」を超えるのも夢ではなくなった。西田は「健康、体力が続く限り浜崎伝助を演じる」と“フーテンの寅”に挑む覚悟を披露した。
 西田がハマちゃんを演じて20年。今作は「-18」だが「-スペシャル」と時代劇「花のお江戸の釣りバカ日誌」を加え、作品数は20となる。西田は「ついこの前第1作を撮ったような気がする。感慨ひとしおです。肩ひじ張らないで『これでおしまいかな』という潔さが、ここまで続いてきた理由かな」と振り返った。
 打ち切り危機もあった。西田が03年に心筋梗塞(こうそく)で倒れた際、松竹サイドも一度は覚悟を決めたという。スーさん(鈴木一之助)役の三國連太郎(84)にも高齢を考慮し、代役が検討された時期もあった。
 公開された撮影現場は“日本のエーゲ海”の異名を取る岡山県瀬戸内市牛窓町。西田は「お酒もお魚もおいしくいただいてます。体はもう大丈夫」とおどけた。

続きを読む
スポンサーサイト

塩抜きダイエットはあくまで役作りのためと堀北真希


塩抜きダイエットをして役作りに励んだ堀北真希の新作映画が完成し、舞台あいさつをしました。
塩抜きダイエットをしたことで、余命3ヶ月の女子高生の役を演じたのですが、
今は、この映画よりも塩抜きダイエットの方に話題が集まっているようですが、
堀北真希本人から塩抜きダイエットの内容が明らかにされていないので、
いわゆる謎が謎を呼んでいるというところでしょうか。
塩抜きダイエットして堀北真希のようになれるなら、みんな知りたくなるのは当然ですよね。


 9日、都内で『恋する日曜日 私。恋した』の完成披露試写会が行われ、堀北真希が舞台あいさつに登場した。

 本作で堀北が演じるのは、17歳という若さで余命3か月を宣告された女子高生。 しかも、想いをよせる幼なじみの聡(窪塚俊介)は、人妻(高岡早紀)と不倫しており、恋にも悩むという難しい役に挑戦している。

 「高岡さんは、すてきな大人の女性。自分はまだまだ子供なので勝ち目はないと思った」と映画の中の三角関係については、早々に敗北宣言の堀北。だが、セーラー服の似合う健康的な女子高生というイメージが強かった彼女が、この日は朱色のロングワンピースに身を包み、今までとはちょっと違う大人の雰囲気を漂わせていたのが印象的だった。

 本作のメガホンをとったのは、『ヴァイブレータ』で寺島しのぶを女優として大きく羽ばたかせた廣木隆一監督だ。この作品で、堀北は何度も撮り直しをして、監督からは「意地っ張りを直せ」など厳しい演技指導を受けたという。大人っぽくなったのは、監督にしごかれて難しい役を演じきり、女優として自信をつけたからに違いない。

続きを読む

ドリュー・バリモアが「最も美しい人々」のトップに選出


映画「E.T.」で可愛い子役として出演していたドリュー・バリモアを最近の映画で見るたびに、
本当に美しくなったと感じていたら、米ピープル誌が選ぶ「最も美しい人々」に選ばれたのですね。
「E.T.」からドリュー・バリモアを知っているワタクシとしては大変嬉しいことでした。


 米ピープル誌が選ぶ今年の「最も美しい人々」のリストのトップに、女優のドリュー・バリモアが選ばれた。27日発売の同誌の表紙を飾る。
 1982年のスピルバーグ監督の映画「E.T.」で一躍有名になり、「チャーリーズ・エンジェル」などに出演したバリモアは、アンジェリーナ・ジョリー、ニコール・キッドマン、ジュリア・ロバーツらを押しのけての堂々の首位。毎年恒例の「最も美しい人々」には、これまで4回登場していた。

続きを読む

「井筒監督はアホ」と言った窪塚洋介は正しい!


井筒和幸という男は「三丁目の夕日」の時にも、映画を見ずに「学芸会」と評したり、
売れている映画をとにかくコキ下ろし、自分の映画は自賛するという恥知らずなことをよくします。
今回も自分の映画がこれから封切りになるので、注目を集めたかったのでしょうね。
さてそんな井筒和幸に窪塚洋介がとった行動とは・・・。

 石原慎太郎東京都知事(74)が製作総指揮した映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」(5月12日公開)のPR会見が19日、大阪市内で行われ、W主演の俳優・徳重聡(28)、窪塚洋介(27)と新城卓監督(63)が出席。特攻隊員を描いた作品で、井筒和幸監督(54)が「戦争の美化」と批判していることに対し、窪塚は「見る前に言うヤツはアホ」と猛反撃に出た!
 同時期に公開される2作で期せずして“映画戦争”がぼっ発した。窪塚は特攻を志願し、出撃する隊員の姿を熱演。自身も3年前、自宅マンション9階から転落した経験があり「簡単にはいえないけど、生きてることはありがたい」と、作品への思い入れは強い。井筒監督の批判に対し、窪塚は黙っていられなかったようだ。
 窪塚は「この映画を見て、戦争賛美だというヤツはアホだと思う。もう一回見た方がいい。見る前に言うヤツはアホ」とバッサリ。さらに「右だ、左だ、というけど、鳥は両方の翼がないと飛べないという思いで、日々、生きています」と“窪塚節”もさく裂させた。

続きを読む

オダギリジョーが木村拓哉を超えた!?


オダギリジョー主演の映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」が絶好調のようです。
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」というと、速水もこみちや、
北海道の田舎役者がテレビでやっていましたが、これだけ主演を代えてやるということは、
原作そのものに人気があるということなのでしょうね。

さてそのオダギリジョー主演の「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」ですが、
キムタクの「武士の一分」の興行収入40億円を超えるのだとか・・・。


 俳優・オダギリジョー(31)が主演した映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」が14日、公開初日を迎え全国334館のほとんどで満員となる好発進を切った。配給の松竹では昨年、SMAPの木村拓哉主演の「武士の一分」の興行収入40億円を超えるのは確実とした。
 同作は210万部以上のベストセラーとなったリリー・フランキー氏の同名小説が原作。この日、舞台あいさつしたオダギリは「半年間断り続けた。リリーさんのイメージでみんな見るから」と告白。だが「今となってはいい作品にかかわれてよかった」と笑顔を見せた。

続きを読む

河合龍之介、石原真理子との熱愛&結婚について語る


石原真理子が動くとマスコミも動くといった風もありますが、
石原真理子と熱愛&結婚報道のあった河合龍之介が、今ごろになって釈明しているようです。
はたして河合龍之介は石原真理子との熱愛&結婚について何を語ったのでしょうか。


 女優石原真理子(43)との熱愛を報じられた俳優河合龍之介(23)が12日、都内で取材に応じ、石原との結婚と交際を完全否定した。河合は、石原が監督を務める映画「ふぞろいな秘密」に主演。女性誌に都内のホテルに入るツーショットが掲載されたことで結婚報道へと発展した。河合は「映画の打ち合わせで、俳優と監督として会った。ロビーで待ち合わせをして、マネジャーも同席していた」と説明。俳優と監督の関係で、恋愛感情はないことを強調した。

続きを読む

アニメ映画「甲虫王者ムシキング」「オシャレ魔女ラブandベリー」の舞台あいさつで


アニメ映画「甲虫王者ムシキング」「オシャレ魔女ラブandベリー」で声優として出演したお笑いタレント。
さてこの二人の舞台あいさつで・・・。


 お笑いコンビ「ドランクドラゴン」と「北陽」が声優として出演したアニメ映画「甲虫王者ムシキング」「オシャレ魔女ラブandベリー」が21日、公開初日を迎え東京・池袋のシネ・リーブル池袋で舞台あいさつが行われた。

続きを読む
Copyright © 号外!ニュース!瓦版! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。